FXとは外国為替の取引

最近FXという言葉を耳にしますね。
一体何なのか?
ということですが、金融商品なんです。
金融商品を利用して、資産を増やしたことがあるとか、もしくは増やすことを考えたことがある。
という方も多いかもしれません。
では、FXというのはどのようにお金を増やすことが出来るのでしょうか?
はじめに仕組みについて説明をしたいと思います。
まずFXは外国為替の取引のことを言います。
例えば日本円を準備します。
そして、その日本円を使って外国の通貨を購入するんです。
では購入したらどうするのか?
時期を見て売ります。
買う、売るという作業が1くくりと考えていただければと思います。
では、わざわざ買ったものを売ってどうなるのか?
という点について説明をしましょう。
例えばですが、アメリカドルを買ったとします。
1ドルが100円の時に購入をしました。
そして、売る時には1ドルが105円だったとしましょう。
すると、1ドルあたり5円の得をすることになりますね。
その得をしたお金が、試算を増やすということです。
100ドル購入をして、100ドル売りました。
1ドルあたり5円であれば、5円×100ドルで500円の得をするということになります。
出来るだけ安く購入をして、出来るだけ高く売るということが大切になってきます。
両替が分かりやすい例だと思います。
海外へ旅行や仕事に行くために、日本円を外国の通貨に替えることになりました。
そして海外から日本に帰ってきたので、日本円に戻すことにしました。
その時に、いま1ドルっていくらなのかな?
と考えませんか?
増えれば良いな。
得をすればいいな。
と考えて両替をするかと思うんですね。
それと同じことなんです。
先ほど100ドルで説明をしましたが、もちろん1000ドルの方が大きく増えますし、1ドル当たりの差が高いほど、さらに大きく増えるということです。
上手に売り買いをして、資産を増やしていくことが出来る金融商品なのです。