ずっとFXをやっていてデメリットではないかと感じることについて

今世の中でFXがいろいろと注目されているみたいですが、私はその前からずっと取引を続けて参りました。
長くやっているといろいろなことを覚える事ができる反面、正直デメリットに感じることもある程度見えてきてしまうというのが現実だと思います。
私が一番そのように感じるのが、取引を行っていて損失が出るということで、普通の他の投資であれば元本を割ることなくある程度の利益を手にすることも可能ですが、FX取引の場合にはかなり時間を掛けて苦労して取引を行ったにもかかわらず、利益が全く出ないどころか見事に資本が減ってしまって損失を被るとということも多々ありますのでそこら辺が正直、厳しいと感じております。
そして他のものに比べて値動きがかなり激しいので、値上がったときには非常に膨大な利益を短い時間であっという間に手に入れることが出来る反面、逆に値下がりしまった時には今までせっかく貯めてきた資産を瞬間的に減らしてしまうことになりますので、本当にそこら辺は難しいと感じております。
しかしながらその部分がある意味でFX取引の個性というか魅力でもありますので、仕方がないといえば仕方がないのかもしれませんし、更にはそれらの値下がりのリスクというものをやり方次第ではそれなりにコントロールすることが出来ないこともないと思いますので、しっかりとそう言ったデメリットを認識した上で取引を楽しんで行くのが良いのではないかと思っております。