取引のデメリット

あらゆる金融活動は、活動を形成する要素によって成り立っているわけでして、まずはFX取引、つまり外国為替証拠金取引を行なう当人と、FX取引のシステムや取引口座を管理する証券会社などの金融関連会社、そして、各国の通貨が、基本的にFX取引を形成する要素なのです。
現在ではインターネットの発達によって、瞬時に取引に対する注文が証券会社にダイレクトに送れるようになったため、個人でも国際通貨を売買することによって、革支え着による利潤を得ることが可能になっているのです。
しかも、自分が取引口座に入金している金額よりも多い金額を、レバレッジの設定によって投資することが可能なシステムになっていますから、時期とトレンドをうまくつかんだら、短い期間にかなりの差益を得ることが可能になるわけです。
その反面、時期とトレンドを読み違えて逆方向に投資した場合には、レバレッジの分だけ損失額も拡大するというデメリットがありまして、FX取引に関してデメリットに関係している要素は、レバレッジというシステムなのです。
そのほか、世界中のどこかで為替市場はいつでも運営されているので24時間取引ができるというメリットがあるため、仕事が忙しいサラリーマンでも空き時間や仕事終わりにいつでもFX取引ができるわけなのですが、それは裏を返せば、24時間休みなく為替レートが変動することにより、利益になるか損失になるかの分かれ目がシビアであり容赦がないということは、デメリットといわれますから、24時間取引可能であることという要素は、デメリットに関係しているのです。