FXで勝つにはどうしたらいいか

FXは上がるか下がるかどちらかに賭けるわけですから1/2の確率で当たります。
これは宝くじの末等が当たる確率よりずっと大きいです。
しかしなぜ大損して敗退していく人が多いか、そこを考えたらFXの勝ち方がわかります。
FXで儲けたら、次にもまたFXで儲けようとします。
勝ったらまた次と、終わることがありません。
その人の寿命が尽きるか、資金が尽きるかまで続きます。
つまり最終的に負けるまでやるから負けるわけです。
だから勝つというのはトータルな勝ちで考えないといけないです。
ポジションをとってプラスで手仕舞うのを勝ちとしたら100円とか200円勝って100連勝、200連勝してもたった1回500万円負けて退場ってことがあるわけです。
だからFXでトータルに勝つためには、小さな負けを覚えないといけないです。
自ら負けを認めて負けポジションを損切るのはトータルに勝つためには絶対必要です。
どんなに予想に長けた人も上がるか下がるかの2者択一で、外すことはあります。
外したら損切ってしまう。
それを傷の浅いうちにしてしまうのがいいのです。
いくらになったら損切を行うかがわからないなら、時期が来たら切るというルールを作って守ることです。
負けポジションを引っ張っていいことはありません。
日替わりの午前7時に切るとか、週末は持越しせずに切って、どうしても納得がいかないならそこで改めてポジションを取ればいいです。
負けポジションは放置してはいけない。
これがFXでトータルで勝つ方法だと思います。