レバレッジの魅力と注意点

昨今の円高問題により、FXが注目されています。
外貨預金と大きく異なるのは、売り注文ができるので円高へ向かっても儲かる、という点です。
さらに、FXの一番の魅力は、「レバレッジ」にあると言っても過言ではありません。
高倍率を設定することで、少ない賭け金で大儲けすることが可能なのです。
また、これが魅力である一方で、ギャンブル的な見方をされて「怖い」と思われている理由でもあります。
そもそもレバレッジとは、小さい元手を高額に見せかけ投資する、というときに活躍します。
最初に証拠金と呼ばれるお金をFX業者に渡すのですが、これが元手になります。
そして倍率を設定し取引金額を決めるわけですが、この倍率、取引金額と証拠金の割合のことをレバレッジと呼ぶのです。
たとえば、証拠金を10万円用意してレバレッジを2倍に設定すれば20万円の取引をすることが出来ます。
一般的には10倍を設定するのが通常とされていますが、初心者は倍率は少なめのほうがいいでしょう。
為替変動が動き、たとえば1万円分の儲けが得られるところが、レバレッジ10倍であれば10万円の儲けが得られるのです。
ただし、もちろん儲けが出るとは限りません。
為替変動で希望と違った方向へ動けば損失が出ます。
1万円分の損失でレバレッジ10倍であれば、10万円分の損失が出る、といった具合に。
FXを始めて間もない方は、レバレッジを低め、または外貨預金のように1倍に設定して取引を始めるほうがリスクが少ないのでおすすめのやり方です。